−おんがくとバラのその−
<<ホーム <バラのくすりトップ 
<<ホーム [自己紹介] [アルバム] [ブログ] [病気特集] [害虫特集] [研究コーナー] [ノイバラ観察] [エッセイ] [参考文献] [リンク]
【バイオゴールドのニーム】

バイオゴールド関連商品は、販売元の販売方法に疑問を感じるため、今後私は一切購入しません。(2008/9/30)

  • 株式会社タクトの製品。インドセンダンの実を原料としており、この実に含まれるアザディラクチンなどの物質により、害虫の摂食障害、脱皮障害、繁殖能力の低下などを引き起こす。また、匂いなどにより忌避効果も大いに期待できる。


  • チュウレンジバチの幼虫にこのニームを一滴、垂らしたところ、数秒で死に至った。気門閉鎖効果か?また、その周囲の幼虫はうねうねとのたうち回った。こちらは匂い成分による忌避効果か?ただし、これは原液をふりかけた結果であり、200倍希釈液の散布によるものではありません。


  • ホソオビアシブトクチバの老齢幼虫などにはあまり効果がありませんでした。また、甲虫にもあまり効果がない印象です。


  • 即効的に効くのではなく、じわじわと効く印象。アブラムシの付いた葉にニームをかけると、散布直後はアブラムシは活動しているが、数日後に死骸がたくさん確認できる。ただし、ピシャッと効いて全滅させるという印象ではありません。大発生の際には、オレート液剤などを使って数を減らす必要があるように感じます。アブラムシとの闘いについてはここを参照


  • 私はバイオゴールドバイタルと併用して使っています。